LOGのハウス

様々な情報をまとめるメディア

【ゴジラ】モンスターバース情報まとめ【キングコング】

GODZILLA ゴジラ(字幕版)

【17年8月15日更新】
ゴジラとキングコングが激突するモンスターバースが現在進行中です。
2014年の『GODZILLA』を皮切りに2020年にはキングコング対ゴジラが公開予定。

様々な情報が解禁され始めているのでまとめてみました。

一部考察も混じっています。不正確な情報があるかもしれませんのでご注意願います。

モンスターバースとは

レジェンダリーピクチャーズが仕掛けるシェアワールド。
この世界にはゴジラとキングコングが存在するしています。

2014年公開『GODZILLA』がシリーズ第1作となり劇中で登場した『MONARCH(モナーク)』が主軸となり世界を広げていくようです。

スポンサードリンク

 

モンスターバース作品

これまでとこれから公開される作品一覧です。

2014年 GODZILLA ゴジラ

渡辺謙出演のモンスターバース第1作。
本作ではゴジラとオスとメスのMUTOが登場しました。
劇中では2014年にサンフランシスコで三体の怪獣が激突しました。

2017年 キングコング:髑髏島の巨神

1973年を舞台に米軍とモナーク研究員が髑髏島を調査し、そこでキングコングと遭遇します。
キングコングのほかにスカルクローラーなどの多様な怪獣が登場しています。

2019年 GODZILLA:King of Monster(ゴジラ:キング・オブ・モンスター)

2019年3月22日アメリカ公開予定。
14年ゴジラの続編となる作品。ゴジラのほかモスラ、ラドン、キングギドラが登場します。
ゴジラから渡辺謙やサリー・ホーキンスが続投予定。今回はモナークの行動が物語の主軸になるようです。

監督のマイケル・ドハティがTwitter上にとある画像をアップしています。1954年公開のゴジラに登場した「オキシジェン・デストロイヤー」そっくりの物体が本作に登場するようです。

2020年 Godzilla vs. Kong(ゴジラ対キングコング)

2020年3月29日アメリカ公開予定。
キングコングとゴジラが対決します。現時点でこれ以上の情報はありません。
キングコングとゴジラが激突するのは1962年以来となります。(62年版はモンスターバースと関連していません)

用語集

モンスターバースの共通用語をまとめました。

MONARCH

 

怪獣たちを研究する組織。ゴジラやコングを研究対象にしています。元々は米国トルーマン大統領の命で設立された組織ですが現在は全世界規模で活動しています。

MUTO

Massive Unidentified Terrestrial Organism (未確認巨大陸生生命体)の略称。モンスターバースの世界における『怪獣』という意味になります。
14年版ゴジラに出てきたオスとメスの怪獣は名無しということです…。

モンスターバース時系列

劇中の年代やキングコングTwitterアカウントで公開されているモナーク研究資料の年表を元に記していますので一部不正確な情報があるかもしれません。ご容赦ください。

2億7000年前(ペルム紀)

ゴジラが生態系の頂点に君臨。同時代に14年版GODZILLAに登場したMUTOも存在。両者は敵対状態。

1915年

原子力時代の幕開け。この技術が古代生物覚醒のビーコンとなる。

1943年

USS Lawton、巨大生物に襲われ沈没。後にモナーク研究員となるビル・ランダが乗組員にいた。

1944年

第二次世界大戦。米兵ハンク・マーロウと日本兵グンペイ・イカリが髑髏島に不時着。そこでコングを目撃し共同生活を開始。

1946年

USS Lawtonの沈没の余波でトルーマン大統領によりモナーク設立。小規模な研究チームとして発足した。

1952年

ロンドン上空を巨大な雲(スモッグ)が覆う。巨大生物の羽ばたきで高気圧が発生し有害物質が上空を覆ったとモナークは考えている。

なお現実の1952年のロンドンで1万人以上が死亡するスモッグ公害が発生しています。

ロンドンスモッグ - Wikipedia

1954年

モナークの活動が世界規模に。この時期に核実験と称しゴジラ抹殺作戦を実行するも抹殺には至らず。この時、ゴジラと戦闘していたMUTO「シノムラ」のみが抹殺される。

1959年

ソ連のスパイ航空写真がシベリアで活動するモナークを捉える。モナークはシベリアで何かを封じる(隠匿?)巨大施設を建造していた。

1973年

モナークのビル・ランダが米軍、傭兵及び戦場カメラマンと共に髑髏島の調査へ向かいキングコングを発見。その他、多数の巨大生物も発見。

1991年

モナという島の火山をモナークが権益区域に設定。小さな前哨基地が徐々に拡大していく。

1995年

モナークの護衛アーロン・ブルックスが父のヒューストン・ブルックス(髑髏島に登場した黒人研究員と同名)に反発し73年に髑髏島で何が起きたのかを知るために島を再調査した模様。

1999年

フィリピンで巨大生物の骨とサナギを発見。日本のジャンジラ原発をMUTOオスが襲撃しそのまま休眠。サナギはアメリカネバダ州に投棄される。

2005年

イギリス軍の大佐兼MI6エージェントであるヨナ・アラムと傭兵がモナーク職員と接触。
しかし、大佐と傭兵たちはその後パキスタンの刑務所送りとなりMUTOが発掘されている地下の壁を破ろうとした。

※MUTOは未確認巨大陸生生命体の意味で、ゴジラに登場したオスとメスの怪獣との関連は現時点で不明。

2009年

モナークのエマ・ラッセル博士率いるチームが中国雲南省で巨石でできた寺院を発見。そこで巨大な繭を見つける。奇妙な音は繭の中から聞こえる。どうやら鼓動のようだ。
報告書には"Temple of the Moth"と書かれている。

2012年

モナークOBがボトルに入った暗号化メッセージを受け取る。髑髏島におけるコングの起源と存在意義が書かれている様子。

2014年

ジャンジラ原発にてMUTOオス覚醒。その後ハワイに上陸しゴジラと戦闘。甚大な被害をもたらしました。
その後オスとメスのMUTOはサンフランシスコへ現れ、ゴジラと決戦。
サンフランシスコの戦いと呼ばれ「ゴジラが人間を救った」とモナークの報告書に書かれました。

2016年

南極に眠っている巨大生物をモナークが発見し研究施設の構築を始める。
グレアム博士は研究ノートに「悪魔は三つの頭をもつ」と神秘的な記述をしたとのこと。

モンスターバース登場怪獣

モンスターバースにおける主要な怪獣を紹介していきます。

ゴジラ

『Godzilla ゴジラ』に登場。
ペルム紀に生態系の頂点に君臨していた生物。大量絶滅以降は地下深くに潜伏していましたが地上の放射能濃度が上昇したために再進出しました。
モナークはゴジラの存在を秘匿し、核攻撃で抹殺を試みるも失敗。2014年ハワイ及びサンフランシスコの戦いで全世界にその存在が知られることに。

オスとメスの怪獣

『Godzilla ゴジラ』に登場。
公開時はMUTOと呼ばれていた怪獣です。現在もMUTOと呼称されていますが…。
オスはジャンジラ原発を襲い、アメリカはサンフランシスコでメスと出会い卵を産んで繁殖を試みました。卵は米軍兵フォードによって焼き払われ、ゴジラによって二体は葬られています。

キングコング

『キングコング:髑髏島の巨神』に登場。
髑髏島の守護神。もともとは親がいたようですがスカルクローラーに倒されたようです。
1973年にスカルクローラーと対決し勝利。その後の動向は不明。

スカルクローラー

『キングコング:髑髏島の巨神』に登場。
髑髏島の悪魔。2本の前足だけで動き回る生物。キングコングの宿敵です。人間を食うため島民から恐れられています。

キングギドラ

2016年に南極で発見された生物。"GODZILLA:King of Monster"に登場。

報告書には『MONSTER ZERO(モンスターゼロ)』と記されています。三つの頭があるとのことなのでキングギドラ確定です。

なおモンスターゼロは怪獣大戦争におけるキングギドラの別名で怪獣大戦争は『MONSTER ZERO』というタイトルで公開された国もあります。
怪獣大戦争でギドラはX星人に操られていたので、このギドラも宇宙怪獣という可能性は捨てきれません。

ラドン

"GODZILLA:King of Monster"に登場。
空の大怪獣ラドンでは阿蘇山に生息していたのでモナ島火山に生息している可能性大

モスラ

"GODZILLA:King of Monster"に登場。
2009年、モナーク研究員が中国雲南省の寺院で繭を発見。
寺院は"Temple of Moth"(モス寺院)と言う名前ですのでモスラでほぼ確定でしょう。
卵と幼虫はなく、繭から登場するのでしょうか?

サンディエゴコミコン2017にて壁画に描かれたモスラの姿が公開されました。左右に二匹の幼虫が存在しています。しかし、モナーク報告によると09年時点で繭が発見されていますが…。

そして寺院の発見場所が"Yucca"となっています。年表映像では寺院発見場所は"Yunnan"となっているのでスペルミスなのか、別に意味があるのか詳細は現時点で不明です。

パキスタンで発掘されているMUTO

2005年にパキスタンで発掘されている謎の生物。生死不明。もしかすると化石の可能性もあります。

地理・施設など

モンスターバースの地理です。怪獣の生息地やモナーク関連施設がある場所を記しています。

日本 ジャンジラ市

この街にある原発をMUTOオスが襲撃。その後、街は無人状態となりモナークが蛹状態となったオスの研究を進めています。

アメリカ合衆国 ハワイ州ホノルル

MUTOオスとゴジラが上陸し対決。壊滅的被害を受けます。

アメリカ合衆国 ネバダ州サンフランシスコ

ゴジラとオス及びメスのMUTOが激突し、ゴジラが勝利した場所です。

フィリピン

1999年に巨大生物の化石とMUTOメスの蛹が発見されました。MUTOオスもこの場所にいましたがモナークが発見するより前に日本のジャンジラ原発を襲っています。

髑髏島(南太平洋)

キングコングの棲む島です。南太平洋に位置しています。

モナ島 "Isla de Mona"

モナークがこの島の火山を検疫区域に設定しています。
現実に同一名称の島が存在していてアメリカ領プエルトリコに属しカリブ海に浮かんでいます。

モナ島 - Wikipedia

中国雲南省 モス寺院 "Temple of Moth"

モナークが雲南省のジャングル奥地で発見した寺院。ここで巨大な繭も発見されています。

南極

2016年に三つの頭をもつ生物が発見されました。現在モナークが三つの頭を持つ生物の研究のために施設を構築しているようです。

ソビエト連邦 シベリア(現元ロシア連邦)

1959年にモナークがシベリアで巨大な施設を建造していると判明。何かを隠匿しているようです。

パキスタン(?)

2005年にMUTOが発掘されたようです。

イギリス ロンドン

1952年に大規模なスモッグが発生。巨大生物の羽ばたきにより高気圧が発生したことにより、スモッグ公害が引き起こされたとモナークは考えているとのこと。
この巨大生物が何なのかは不明。

現実でもロンドンでスモッグ公害が発生しています。

ロンドンスモッグ - Wikipedia

 

主要人物

フォード・ブロディ(演:アーロンテイラー・ジョンソン)

『GODZILLA ゴジラ』に登場。
1999年のジャンジラ原発事故により母親を失いました。2014年では大人となりアメリカ海軍爆発物処理班(Navy EOD)として世界で活動しています。
原発事故の真相を探る父ジョーを迎えに行くため日本に立ち寄ったところMUTOオス覚醒に出くわし、最終的にはサンフランシスコの戦いに身を投じMUTOの繁殖を食い止め人類を救うこととなりました。

ジョー・ブロディ(演:ブライアン・クランストン)

『GODZILLA ゴジラ』に登場。
ジャンジラ原発技師でしたが事故により妻を失い、事故の真相を暴くべく日本で活動。何度も警察の世話になっています。ただの事故ではない事を突き止めましたがMUTOオスの覚醒で命を落としました。

芹沢猪四朗(演:渡辺謙)

『GODZILLA ゴジラ』に登場。"GODZILLA:King of Monster"にも登場予定。
モナーク研究員。父親が広島原爆の被害を受けています。
14年ゴジラに登場し、フィリピンで発見された化石と蛹について調査を行い、ジャンジラ原発に寄生したMUTOオスの研究観察を行いました。

ヴィヴィアン・グレアム(演:サリー・ホーキンス)

『GODZILLA ゴジラ』に登場。"GODZILLA:King of Monster"にも登場予定。
モナーク研究員。芹沢博士と共にジャンジラ原発のMUTOやゴジラを研究。驚異的な存在であるゴジラを『神』、キングギドラを『悪魔』と形容しています。

ウィリアム・"ビル"・ランダ(演:ジョン・グッドマン)

『キングコング:髑髏島の巨神』に登場。
モナーク研究員。1943年のUSS Lawton沈没事故の生存者。
髑髏島の存在を予てより認知しており調査を行う。しかし、島で命を落とします。

ジェームズ・コンラッド(演:トム・ヒドルストン)

『キングコング:髑髏島の巨神』に登場。
元軍人。髑髏島へ向かうモナークと米軍の案内役を務めました。

ヒューストン・ブルックス(演:コリー・ホーキンズ)

『キングコング:髑髏島の巨神』に登場。
モナーク研究員。髑髏島から生存。1995年に息子アーロンと対立し、アーロンは73年に何が起きたのかを知るために髑髏島の再調査を行ったようです。

役名不明(演:チャン・ツィイー)

"GODZILLA:King of Monster"及び"Godzilla vs. Kong"に登場予定
モナークの重要人物。モンスターバース2作への出演がほぼ確定しています。シリーズに大きくかかわる人物になるようです。

Dr. Stanton スタントン博士 (演:ブラッドリー・ウィットフォード)

"GODZILLA:King of Monster"に登場予定。
モナーク研究員だと思われますが現時点では詳細不明。

役名不明(演:チャールズ・ダンス)

"GODZILLA:King of Monster"に登場予定。
マイケル監督のツイッターによるとキングギドラに関連する人物のようです。それ以上は不明。

【考察】怪獣と神話の関連について

ここからは完全に個人的な考察になります。正式な情報ではありません。

モスラと中国巨鳥伝説、ミャオ族の蝶伝説

モンスターバースのモスラは中国雲南省に生息しているようです。
中国には鵬(ほう)という伝説の巨大な鳥が存在。大鵬や大鳳ともよばれています。

という数千里にも及ぶ巨大な魚が成長し、またしても数千里にも及ぶ巨大な鳥に成長したのがです。もしかするとモスラの幼虫が海を渡ってきたのを見た古代中国の人々が魚と勘違いし、成虫となり大鵬伝説へとつながった可能性も否めません。

中国の少数民族ミャオ族には蝶の伝説があるようです。
楓の木から生まれた虫が超となり、十二個の卵を産んでそれが世界の始まりとなった、という伝説です。創造神のような扱いですね。

ミャオ族の神話 | -meme-ブログ

ミャオ族は繭が発見された雲南省に100万人ほど暮らしているようなので、こちらの伝説も関係しているかもしれません。

ラドンとフラカン

ラドンはモナ島の火山に生息している可能性が高いです。モナ島はカリブ海にありマヤ文明が栄えたためマヤ地域と呼ばれています。

マヤ神話にはフラカンという創造神が存在しています。フラカンは神をないがしろにした人類に罰を与えるため暴風雨や洪水を起こしたとあります。

日本版のラドンは羽ばたきで突風を発生させ街を破壊しています。暴風雨というのはラドンが起こした突風のことを指すのでしょうか。だとするとマヤ文明ではラドンが神として崇められていた可能性があります。

なおフラカンはハリケーンの語源にもなっています。

キングギドラと狂気山脈

南極に眠っているのでクトゥルフ神話が関連している可能性があります。
クトゥルフに登場する狂気山脈は南極を横断する山脈で、地下は大空洞になっているようです。

髑髏島の巨神劇中でも地球空洞説に触れられていました。何らかの繋がりがありそうです。

ゴジラ

グレアム博士が神と呼称しています。ゴジラの名は大戸島に伝わる伝説の怪獣から取られています。

キングコング

髑髏島のイーウィス族から神と崇められている存在です。神話との関連はないですが神の扱いを受けています。

まとめ

膨大な情報が解禁されました。まだ足りない情報もあるかもしれませんので随時更新ししていきます。

大怪獣の戦いは始まったばかりなのです…!