読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せまひろかん

どこまでも

せまひろかん

ネタとガチと小説的な物が存在している

クソリプを送ってくる人の実生活が知りたい

コラム

f:id:Sanyontama:20151217223515j:plain


クソリプを見ると上のような気持になる@Sanyontamaです。

Twitterという人間動物園では様々なクソリプが飛び交っている。
突然会話に割り込んでくる人間は珍しくない。適当につぶやいた事柄に対しても突っ込みを入れてくる人はいる。

別に会話に割り込んでくるのは構わない。興味がありそうな内容であれば積極的に混ざりこんでくる姿勢は嫌いじゃないし、それもTwitterのだいご味だと思っている。
誤った知識を訂正してくれるのもありがたい。
これぐらいだった大歓迎なのだ。でも全員がまともなリプを飛ばしてくるとは限らない。

クソリプというのが存在する。個人の感想や会話に割り込んできて、意味不明な文章を投げ飛ばしてくる奴らがいるのだ。

クソリプの例を挙げてみる。
「ショベルカーってかっこいいよね」とつぶやいたとする。
「建設業界にショベルカーと呼ばれる機械は存在しません」「油圧ショベルだろ?馬鹿か?」「行政用語ではバックホウな」
とのリプが帰ってくる。これがクソリプだ。

f:id:Sanyontama:20151217223147j:plain


言いたいことはわかる。ショベルカーは存在しないし、工事現場ではユンボやバックホウの名で呼ばれている。リプライの全ては正しいことを言っているのだけど「ショベルカーかっこいい」というつぶやきに宛てるものではない。
見ず知らずの人間がいきなり意味不明な事を言ってくるのだから「なんだお前は?」となるのも仕方がない。何を言っているんだと、怒りよりも疑問の気持ちが大きくなってしまう。

「名称云々の話ではないですよ。大丈夫ですか?」と返答したくなること間違いなしだ。そんなことをしたらなぜか喧嘩に発展するのだから、クソリプ飛ばす奴らは日本語が通用しないのかと思えてしまう。
そもそもクソリプを飛ばしてくる奴は日本語だけを使ってくるとは限りません。Twitterには全世界の人がいて英語も中国語も使われてますよ? はい、これもクソリプ。

クソリプを投げ飛ばしてくる人は論点が違うというのを気づいていないのだろうか。
本題はただの感想だ。ショベルカーかっこいいという個人の感想。そこに「わかるよ」「えーあれのどこがいいんだよ」とリプを送るのなら理解できる。かっこいいという論点に沿っているし、つぶやいた人もそんな反応を望んでいるからだ。正式名称なんかは最初から求めていないのである。
だけど自己の知識を顕示するかのように行政用語を送り付けてくる奴には辟易する。なぜ論点が異なるリプを飛ばせるのか理解できない。

クソリプを貰った人は多いと思われる。
フォロワーが多ければRTされる確率も増えるだろう。そうすると餌を見つけたハイエナみたいに飛びついてくる奴が出てくる。
ちなみにハイエナは腐肉をあさる動物ではなく、集団で狩りをします。ライオンのほうが世間一般でいうハイエナ的行動を行っています。はい、これもクソリプね。

と、意味不明なつぶやきを行う人と気軽に触れ合えるのがTwitterのだいご味だ。
クソリプしてくる人は何が悪いのかを理解していない。さもしてやったりという顔をしているか、大真面目に「それ間違ってます!!」と目を血走らせているのか。
悪気が一切なさそうな点がクソリプをクソリプたらしめている点だろう。

クソリプを飛ばしてくる人はクソリプを飛ばしているという自覚がないのだと考えている。「ショベルカーかっこいい」という文面で、何を思ったのか思考の飛 躍を起こしてしまい「行政用語はバックホウ」に行きついてしまう。本当にそんな人がいるのだからTwitterは地獄だ。
ネットの世界なら顔も名前も知らない不特定多数の人と遭遇する。現実のその人を知らないからこそ、ずかずかと土足で足を踏み入れてわけのわからない事を喚くことも出来てしまうのだ。
自分の目線と相手の目線が同じだと自然と思い込んでしまうからこそ、クソリプが生まれるのかもしれない。現実の姿を知らないからこそ成しえる技なのだろう。

でも現実だと話は変わる。
初対面でも「一目見た」だけで、その人となりは漠然ながらだが読み取れてしまう。初対面だからこそ相手の気分を害さない様にこちらも取り繕うのが自然の流れだろう。
でもクソリプを送ってくる人は初対面だろうがお構いなしにずかずかと相手の心に上がり込んでいるのだろうか。
仮にそんな人がいたら社会生活なんかままならないだろう。現実でクソリプを飛ばしたら、疎外されることは確実だ。

だからこそ気になってしまうのだ。
クソリプを飛ばしてくる人は、実生活でもクソリプを飛ばしまくっているのだろうか。

「佐川が宅急便届けに来たよ」と家族に言われ「は?宅急便はクロネコヤマトの登録商標なんだが?宅配便って言えよ」と突っ込んでいるのだろうか。
街中で見ず知らずの人が会話をしていて「昨日家族と映画観に行ってさー」と聞いたら「お前は家族がいない人の気持ち考えたことあんのか?」と割り込んだりしているのだろうか。

気になって夜も眠れない。
クソリプ送ってくる人って、実生活でもクソリプ飛ばしまくってるのかなと。
中には本当にそんな人もいるだろうが、自分の周りでは見当たらない。クソリプのせいで社会から疎外されてしまって、僕の目に入ってこないだけなのかもしれない。
そんな人がこじらせてしまい、元来持っていたクソリプパワーを悪化させてTwitterとかでクソリプを飛ばしまくっているのかもしれない。

クソリプを飛ばす人の実生活って、本当にどうなっているのだろ。
実生活での評判はいいのに、ネットの世界ではクソリプを飛ばしまくっているとしたら、それはそれで闇という物だ。
やっぱりこの世って地獄ですわ。

広告を非表示にする