読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せまひろかん

どこまでも

せまひろかん

ネタとガチと小説的な物が存在している
TOP

僕たちはもうSMAPをまともに直視することが出来ない


解散騒動から約1週間。1月18日に一部生放送されたSMAP×SMAPで渦中のSMAPが口を開いた。バルスですら落ちなかったtwitterがダウンし、SMAPの影響力を見せつける祭りへと発展した。

謝罪生放送ではファンに迷惑をかけたこと。これからも前に進んでいくと語るも「解散」の言葉は使用しなかった。視聴率も30%台を記録していたようで、SMAPの人気を再確認できる機会になった。

SMAP解散回避との結果をもたらした生放送謝罪だけと、これは失敗だったと思う。不倫騒動会見を行ったベッキー並みにやらかした気がする。

まずリーダーである中居さんが隅に追いやられていた点。普通はリーダーが中心になり顛末を説明するのが基本姿勢だと思う。だけど今回の生放送でら木村さんが中心になり謝罪を進めた。

メンバーの服装は喪服を連想させる。木村さんだけがカジュアルな白いネクタイなのに、他の四人は黒ネクタイ。まるで誰かの死を悼むかのような雰囲気が漂っていた。
木村さん以外のメンバーは目が文字通り「死んだ魚の目」になっており、よほどこ事が起きたのだと慄いてしまった。一般人には理解できない強大な力が働いているのだと実感させられて、ジャニーズ事務所の恐ろしさを垣間見た。
4人は本気で独立したがっているように見えた。もうボロボロな精神状態に陥っている風にしか見えない。

草彅さんが「木村君にジャニーさんへ謝罪する機会を作ってくれて、いま僕らはここに立てています」という発言はおしっこを漏らしそうになるぐらい怖かった。
公共の電波でファンに騒動を詫びるのではなく、所属事務所の社長に謝罪するという異様な光景。これが公開処刑なのかと。前時代的を通り越して中世的な物を感じた。

この生放送謝罪で解散の言葉が使用されることはなかった。前を向いてと木村さんは行ったが、これはどういう意味なのだろうか。個人としてか、SMAPとしてなのかが分からない。他のメンバーも頑張っていくというだけで、それはどんな形で頑張っていくのかが理解できない。
彼らは何をしたかったのか、誰に向けて謝罪をしているのかが分からない。

木村さん以外のメンバーは不本意な謝罪を強いられているように見えた。辞めたいのに辞められない。辞めるとどうなるか分かっているよね?と脅しをかけられたようにしか見えない。まるでブラック企業だ。いやその筋の世界に見えてしまう。やっぱり芸能界ってカタギの世界じゃないんだと実感させられたのは収穫だ。

国民的アイドルで芸能界でトップの地位を持つSMAPですら、独立しようとすると裏切り行為などという理解不能な因縁をつけられて、遂には事務所への謝罪にまで追い込まれた。
僕たちには手の届かない存在よりももっと強大な力を持つ「得体のしれない何か」を察してしまう、得体のしれない何かがオカルト的なものだったらまだよかったと思う。笑って終わらせることも出来た。
でも今回は違う。オカルト的な要素は一切ない。得体のしれない何かは実在しているから恐怖に震えてしまう。
僕らは本当にとんでもない映像を見てしまった。テレビやネットにある心霊動画なんか目ではないほどの恐怖映像が放送されてしまったんだ。

強大な力を持てば自由気ままに生きられるという夢を真っ向から破壊してくれた。どれほど煌びやかに見えても、裏では混沌と怨嗟が渦巻いていることを理解した。辞めることも、これから5人で今まで通り仲睦まじい姿を見せていく事も難しくなる。それでも彼らはジャニーズという闇に居続けなければならない。
後輩には「事務所に逆らってはならない」とのメッセージを送ってしまったわけだ。ジャニーズを目指していた少年たちの夢をも摘み取ってしまった。

夢も希望もない。どれほど強大な力を以てしても叶わない相手がいる。それは僕たち一般人の世界で発生する話だと思っていた。パワハラだとかブラック企業だとか、そういう世界は僕たちの近くに寄添っている。家族のためだとか、やめると行く当てがないだとか、そんな理由で会社を辞めることが出来ない。SMAPもそれと似た現象に陥っているんだと思えた。
事の発端である上の人物は謝罪せずに、部下に謝罪を押し付けるなんてブラック企業以外の何物でもない。

日本社会が抱える闇を濃縮したような生放送謝罪。これに対して僕たちは何を感じ取ればいいのだろうか。

そして、僕たちはこれからどんな目でSMAPを見ていけばいいのだろうか。どんな言葉を彼らに投げかけるべきなのだろうか。分からない。
この生放送謝罪がもたらした功罪はなんだろうか。功績なんてものは一切なく、罪しか生み出していないように思える。

僕たちはこれから、SMAPを直視することが出来ないだろう。煌びやかに見える彼らは尋常じゃないほどの闇に包まれている。
もう、あの日のSMAPは戻ってこないんだろう。新曲を出しても、どんな気持ちで聞けばいいんだろう。

キムタクがSMAP解散を回避するためタイムリープしているってネタが真実であればいいのにと思うほどの暗黒っぷりが全国のテレビに放送された。

憔悴した彼らを見るぐらいなら、きっぱりと解散してほしかった。

こんなSMAPは見たくなかった。