せまひろかん

どこまでも

せまひろかん

ネタとガチと小説的な物が存在している
TOP

特撮・怪獣映画

『シン・ゴジラ』予告編が見せつけた恐怖と絶望を解剖する

現実対虚構。遂にゴジラの動く映像が解禁された。ただれた皮膚が強烈な嫌悪と不安を催す。これほどまでに畏怖してしまうゴジラはかつて存在しただろうか。本作はIMAXと4DX、MX4Dで公開が決定している。この最恐のゴジラについて解剖し考察していきたい。 1…

『レッドマン』の唯一無二な暴力性について これは哲学の領域へと踏み込む

こんにちは@Sanyontamaです。レッドマンが流行っている。ウルトラマンシリーズに数えられる作品だ。TLでは毎日のようにレッドマンの話題を目にする。本編も3分ほどしかないのでサクッと観れる。ただ、この作品は非常に地味な仕上がりになっている。特撮ヒー…

『ゴジラ』と『エヴァンゲリオン』はなぜコラボしたのか、ゴジラを取り巻く環境と思惑を探る

こんにちは@Sanyontamaです。エイプリルフールという物がある。4月1日の午前中は嘘をついてもいいことになっている。ネット社会では様々な企業が嘘八百を並べて一般人を楽しませているが、その嘘の中には稀に真実が隠されていたりする。嘘だと思っていた製…

ゴジラはおっさんの物なのか? 『失われた10年』と『ゴジラを取り巻く現状』を考える

こんにちは@Sanyontamaです。ゴジラと言えば日本を代表するキャラクター。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにも日本のキャラクターとして唯一登録されています。今年の7月には12年ぶりとなり国産新作映画も公開予定。庵野秀明総監督、樋口真嗣監督兼特…

シン・ゴジラが抱える初代ゴジラの呪い

呪いのすさまじさに震えている@Sanyontamaです。待ちに待った日がやってきた。謎に満ちた「シン・ゴジラ」がベールを脱いだ。 エヴァンゲリオンで知名度のある庵野秀明氏が総監督と脚本を務め、日本沈没、進撃の巨人を手掛けた樋口真嗣氏が監督と特撮怪獣を…

『怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス』の根底に存在するブラックな本質

こんにちは@Sanyontamaです。定期的に通っている京都みなみ会館でダイゴロウ対ゴリアスを鑑賞した。今回が初鑑賞だ。数年前にニュープリントが行われたようで、画質は鮮明でクリアだ。同時上映の小さき勇者たちガメラよりも画質は良いほど。これがニュープリ…

【私は見た】ゴジラが初上陸した地、「大戸島」を訪ねてみた【たしかにあの島だ】

実は以前のブログからサルページした内容なんて言えない@Sanyontamaです。今年のGWに大戸島に行ってきた。え?大戸島なん聞いたことがない?大戸島とは1954年にゴジラが日本に初上陸した場所だ。ゴジラの襲撃により島は壊滅状態となった。その後大戸島は無人…

復ッ活ッ!ガメラ復活ッ!ガメラ復活ッ!ガメラ復活ッ!!

エライことが起きている。これはエライことですよ。 2016年には国産ゴジラが12年ぶりに公開される。それだけで事件なのに、ガメラのパイロット映像まで公開されたんですよ。何が起きてるか理解できてません。これはエライことですよ。 ゴジラとガメラが同時…

原因は「キングコング」前日譚だけではない?「パシフィック・リム2」無期限延期の真相を探る

子どものようにワクワクしながら待ち望んでいた人も多いはず。「パシフィック・リム2」が無期限延期というニュースが飛び込んできた。 『パシフィック・リム2』製作が無期延期、『キング・コング』前日譚の影響か - 映画 - ニュース - クランクイン! 日本の…

『ゴジラ対ヘドラ』、これは繁栄の傷が生んだ「兄弟」の戦い

そのサイケデリックで、妙に淡々とした作りはゴジラシリーズでも異質とも言える「ゴジラ対ヘドラ」を劇場のスクリーンで鑑賞した。久々に鑑賞するとこれがどういうわけか「ゴジラの精神」を真摯に受け継いでいるようにおもえたのだ。ネタバレを含みます。 ゴ…