読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せまひろかん

どこまでも

せまひろかん

ネタとガチと小説的な物が存在している
TOP

コラム

『君の名は。』が中国で成し遂げた革命とその意味について

とんでもない事態になってしまった。日本と中国のみならず、全世界の映画業界に衝撃を与える大事件、いや革命を成し遂げてしまった。『君の名は。』が中国で爆発的なヒットを記録した。全世界を震撼させた「まさか」の大ヒット。今頃ハリウッドは泡を吹いて…

ミニマリストが理解できなくて怖い

最小主義者を指す言葉。物を持たない生活を行う人も意味する。@Sanyontamaです。テレビやネットで時折紹介される奇々怪々な存在。他人の思想なのだから口出しする気はないのだけど、僕はミニマリストが怖い。今回はそんな自分の考えを垂れ流していく。 僕ら…

大人になってから思い出のゲームを再プレイすると悲しくなることってあるよね?

めっきりと遊ばなくなってしまったゲーム。昔は寝る間を惜しんでプレイしていましたが、いつの間にか興味を惹かれなくなってしまいました。元ゲームっ子の@Sanyontamaです。大人になると時間が無くなるのも理由ですが、あるときふっと情熱を失ってしまった…

映画館で映画を観る時はオムツを穿いていきたい

こんにちわ@Sanyontamaです。海外に比べると日本人は映画館で映画を観る人が少ないらしい。料金が高い、ハズレだった時はどうすればいいのか。様々な理由があるようだが、とにかく日本人は映画館に行かないらしい。一方で週に1回のペースで映画館に通ってし…

近い将来「非モテ」は絶滅し、国民全員が「リア充」になるだろう

今週のお題「バレンタインデー」 @Sanyontamaです。バレンタインデーという物がある。日本では女性が男性にチョコレートを渡すイベントとして定着している。ヨーロッパでは男性、女性関係なく恋人は親しい人には花やケーキなどを贈るらしい。同じ名前のイベ…

花粉症のヤバさを理解できない人ってなんなの?人の気持ちを考えろって学ばなかったの?

@Sanyontamaです。遂に来てしまった。この季節が。ティッシュを一日に着きひと箱消費しなければならない季節がやってくる。僕は春が大嫌いだ。春が憎いのではない。日本では新生活が始まる季節だ。めでたい季節なのだけど、僕は四季の中で春が一番嫌いなんだ…

僕は『紙の本』を知らない

@Sanyontamaです。祖父が死んだ。入退院を繰り返していたから覚悟をしていたのだけど、やってくるときは突然だから戸惑ってしまう。就職してからというもの、祖父とは盆と正月ぐらいにしか会っていなかった。僅かでも交流する時間を増やせていればと考えるけ…

ネット上の会話相手が存在していなかった

@Sanyontamaです。 とあるファーストフード店の片隅でコーラを飲みつつスマホを弄る。そんな場末の雰囲気を漂わせる男が僕である。僕はTwitterを眺めている。ソーシャルゲームはしない。スマホを弄っているならば十中八九Twitterの画面が表示されている。ソ…

オタクがキモくて何が悪いッ!オタクはもっとキモくなれ!

@Sanyontamaです。燃えている。皆が大好きなガルパン映画を見た人が「オタクキモすぎ」と記事にしただけで業火に晒されたらしい。感想を言いあったり、映画館で実況するオタクが気持ち悪かったと語っている。 guiltych.hateblo.jp分からなくもない。基本的に…

『面白い』と『楽しい』と『好き』はイコールではないのかもしれない

こんにちは@Sanyontamaです。2015年に極道大戦争と言う映画が公開された。気の迷いで鑑賞してみたのだけど、これがとんでもない作品だった。どう論評すればいいのか未だに解明できていない。一言でいえば「酷い」作品だ。脚本なんてものは存在していない。そ…

僕たちの世界はドラえもんの未来に追いつけないのかもしれない

こんにちは@Sanyontamaです。ある蒸し暑い夏の朝、冷蔵庫が壊れた。幸いにもクーラーボックスを所有していたおかげで、一日ぐらいはしのぐことは出来る。冬ならまだしも夏場に壊れるとは思ってもいなかったので、困り果てた僕はヨドバシの通販サイトにアクセ…

ファンが鬱陶しいからアンチになる人もいるんですよ

アンチという言葉がある。アンチエイジングやアンチウイルス・・・。反対や大綱などを意味する言葉である。@Sanyontamaです。毎週日曜日の夕方5時になるとガンダムを見る。実況をしながらの鑑賞するのが僕のスタイルだが、作品に集中できなくなるのでTLはほ…

『Fear, and Loathing in Las Vegas』は武道館ライブである種の卒業を迎えたんだと思う

こんにちは@Sanyontamaです。これまでライブという物にいったことがなかったのだけれど、人生初ライブ参加がまさかの武道館になってしまうなんて予想していなかった。1月7日に開催された「Fear, and Loathing in Las Vegas」の4thアルバムツアーファイナル武…

僕たちは長文が読めない

ラノベのお話ではありません。@Sanyontamaです。長文が読めない。こんな人は多いと思う。スマホやPCの画面越しだと長文が読めない。というか読みたくないと感じる人が多いのではなかろうか。 僕たちは長文を読めない 小説なら読める。こんな人は多いはずだ。…

「J・J・エイブラムス」という天才を称賛したい

天才を通り越して、映画界の至宝だと考えている@Sanyontamaです。J・J・エイブラムスという男がいる。映画やテレビで活躍し、様々なヒット作を手掛けた映像作家だ。話題の「スターウォーズ/フォースの覚醒」の監督脚本製作を手掛けている。製作、脚本、監督…

クソリプを送ってくる人の実生活が知りたい

クソリプを見ると上のような気持になる@Sanyontamaです。Twitterという人間動物園では様々なクソリプが飛び交っている。突然会話に割り込んでくる人間は珍しくない。適当につぶやいた事柄に対しても突っ込みを入れてくる人はいる。別に会話に割り込んでくる…

なぜ「記事のタイトル」を見ただけで本分を読んだ気分に陥るのだろう

@Sanyontamaです。ブログをやっていると記事のタイトルに悩むことが多い。記事本文は完成したのに、延々とタイトルだけが完成せずに下書きに保存されたままの記事も存在している。タイトルと言うのは記事の顔であり、つまり記事のアクセス数を決定する神のよ…

もはやTwitterは一般の意見を反映し見識を広めるツールではない

@Sanyontamaです。Twitterが衝撃を受けていた。2015年日本映画国内興行ランキングを掲載しているサイトが話題となり、そこで「マッドマックス・怒りのデスロード」が第38位と言う衝撃的な順位を示していたのだ。 entamedata.web.fc2.com 38位。進撃の巨人前…

これだけはやめておけ!布教の際に避けるべき10のNG項目

徳を積みたい。@Sanyontamaです。布教活動という物がある。宗教のお話ではない。趣味や好きな物を相手に薦めることを「布教」と称する。いわゆるスラングというものだ。布教を行う理由としてはファンを増やしたい、自分がハマっている分野に他人を引き込み語…

平成生まれが体験してきた1990年代前半の文化たち

こんにちは。@Sanyontamaです。 テレビでおそ松くんが、ルパン三世が、ブラックジャックが放送され、少年チャンピオンに野球狂の詩が掲載され、挙句には矢ガモ騒動が起きる。いったい今が西暦何年なのか分からない現象が発生している。 過去に揺り戻される…

なんで洋画の宣伝は駄目になったんだろう?理由を考えてみた

極めつけはスターウォーズだ。SFというジャンルにとどまらず、映画そのものを代表すると言っても過言ではないビッグシリーズなのに、中途半端な時間での一斉公開と限定パンフがアナウンスされた。 なぜこんなことをするのだろうか。理解しがたい状況が発生し…

クールジャパン政策を批判する

たまには真面目な記事を。@Sanyontamaです。 官民一丸となって日本のコンテンツを世界に売り出す。 これだけだと聞こえがいい。しかし、実際には何をやっているのか、何が起きているのかを知る人は少ないと思う。 クールジャパン政策と言えば、我々の税金も…